男性のヘアケア

正しいシャンプーの仕方でフケを撃退

フケが出ることに困っている人は、適切な方法を実践することが大切です。

 

わかりやすくポイントを紹介しますので、気になる人はチェックしてください。

 

まず洗髪前ですが、ブラッシングをおこないましょう。

 

頭皮を傷つけないように生え際から毛先へとクシをとおし、汚れやホコリなどを落とします。

 

次に本格的に洗いはじめる前に予洗いをおこないます。

 

洗髪剤を使わず、38℃程度の湯温で髪と地肌のすすぎをすると、洗髪剤での汚れ落ちや泡立ちがよくなり、有用成分もしみわたりやすくなります。

 

予洗い後は洗髪剤を使って洗っていきますが、爪を立てず指の腹を使用し、頭皮の血行をよくするためにマッサージをするような要領で洗いましょう。

 

洗髪前にオイルを使用した頭皮マッサージをおこなうのもよいでしょう。

 

このあとはすすぎをしますが、洗髪剤が残らないようすすぎ残しがないようにしてください。

 

洗髪剤が頭皮に残留しているとフケの原因になりますので、ここは注意しなくてはいけませんが、爪を立ててはいけません。

 

仕上げは髪を乾かしますが、髪を覆うようにタオルドライをおこない、ドライヤーも髪のすぐ近くで熱風を当てないようにすることが大切です。

 

なるべくドライヤーと髪の距離はおいて、同じ箇所に熱風を当て続けることがないようにすると、過度な乾燥や熱による髪や頭皮へのダメージ防止につながり、フケの原因になりません。

 

なお、1日2回では皮脂の落としすぎによる皮脂の過剰分泌、フケの発生を招きやすくなる人がいますが、基本的にはなるべくなら1日1回、夜にでも洗髪をしてフケ対策をしたほうがよいでしょう。

関連ページ

フケの正体はいったい何なの?
ひどい人だと朝起きたときに枕にフケがたくさん付着していたり、普通に生活していていつの間にか肩に雪が積もっている状態のようになっていたりする人がいます。また、頭がかゆくてかいたときに、びっくりするほど白
乾性フケの原因は?脂性フケの原因は?
まず乾性フケの原因ですが、これには複数のことが挙げられます。皮脂が不足しているために出るフケですので、皮脂の落とし過ぎがおもな原因になります。洗浄力の強過ぎるシャンプーを使用していると、必要な皮脂まで
自分の頭皮に合ったシャンプーでフケを軽減しよう
フケ対策をするには洗髪剤選びが非常に重要です。自分の髪の地肌に合っていないシャンプーでは、フケ防止どころかフケ発生を助長してしまうことにもなりかねません。フケには乾性フケと脂性フケがありますが、洗髪剤
フケ対策で日常で気をつけたいこと
日々の過ごし方を変えて体質改善をすると、フケの悩み改善に役立つ可能性があります。今日から実践可能な方法を紹介しますので、フケをどうにかしたい人はぜひご覧ください。月並みではありますが、生活習慣の改善を