男性のヘアケア

白髪を染めるならヘアカラー?ヘアマニキュア?

まずヘアカラーのメリットですが、発色がいいこと、色が長くもってくれることが挙げられます。

 

反対にデメリットですが、髪や頭皮へのダメージがかなり大きい点を指摘することができるでしょう。

 

次にヘアマニキュアのメリットですが、ヘアカラーのように髪の色をぬきながら発色させず、色を髪の表面にのせるイメージです。

 

脱色をすることがない分、髪や頭皮への負担が少ないというメリットがあります。

 

逆にデメリットといえるようなことですが、ヘアカラーと比較すると発色がよくなく、色の持続期間が短いという点が挙げられます。

 

白髪に対し使用するにはどちらがいいのか迷っている人におすすめしたいのは、ヘアマニキュアです。

 

理由は3個ありますので、順に説明していきます。

 

まず、発色がよくないという問題ですが、黒髪など暗い色の髪に対していえることです。

 

白い髪だときれいに色がのりますので、仕上がりには満足しやすいでしょう。

 

また、白髪だけでなく髪や頭皮のトラブルがダメージによって起こるのを避けるには負担は軽いに越したことはありません。

 

その点、ヘアマニキュアは髪や頭皮は比較的いたわりながらケアできるため、ヘアカラーに比べて白髪を隠すために向いているといえるでしょう。

 

そして、ヘアマニキュアとヘアカラーはいずれも薬剤を使用しますが、ヘアカラーは頭皮に塗布するとアレルギー症状を起こすことがあります。

 

一方、ヘアマニキュアは頭皮に塗布しないため、アレルギー症状のことを心配する必要が基本的にはありません。

関連ページ

白髪の原因にはどんなものがあるの?
白髪は何かひとつの原因によって発生するわけではなく、複数の原因が複雑に絡みあって発生するものなのです。まず、白髪の一因になるものとしては、遺伝が挙げられます。黒々とした髪の家系だという人より、白髪の人
白髪をこれ以上増やさないように日常生活で気をつけたいこと
白髪の本数を多くしたくない場合、生活習慣の改善に取り組むことが大切です。黒髪だったはずの場所に白髪が目立ってくる問題を防ぐには、おもな原因である生活習慣の乱れを解消するのが効果的です。まず注意しなけれ
薄毛・抜け毛が気になる方におすすめの白髪染め
白髪を染めたいけれど、ダメージを受けて抜け毛の本数が多くなり、薄毛の進行を助長するようなことをしたくない場合、トリートメントタイプの白髪染めをおすすめします。なぜトリートメントタイプの白髪染めがいいの
根元まできれいに染められる白髪染め
白髪染めをしている人の多くが悩まされているのは、すぐに根元の白髪が伸びてきて目立ってしまうことです。地肌付近を染める場合、薬剤が頭皮に付着してしまうと肌が炎症を起こしてピリピリしたり、かゆみが生じたり