男性のヘアケア

AGA(男性性脱毛症)の原因は?

AGAの主たる原因は男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)です。

 

悪玉男性ホルモンという別名があり、思春期以降はにきび、前立腺肥大といったAGAとは別のトラブルを引き起こす原因になります。

 

なお、DHTは男性ホルモンのテストステロンが毛包の細胞質に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素により姿を変えたものです。

 

そしてこの酵素ですが、遺伝による影響を受けるという見方がされています。

 

親から5αリダクターゼの量の多さを継承した人は、AGAになりやすいといわれているのです。

 

そのため、先天的にAGAを引き起こしやすいかどうかは、けっこうな割合で決まっているといわざるを得ません。

 

ほかにはストレスもAGAの一因として挙げられます。

 

ストレスが自律神経のバランスを乱し、頭皮に血液が行き渡りにくくなるのです。

 

血液は毛根への栄養を運ぶ役割があるため、血液の供給が上手くいかなくなると髪が太く強く成長することが阻害されます。

 

あとは生活習慣の乱れもAGAの原因になってしまうため、気をつけなくてはいけません。

 

動物性脂肪やカロリーの摂り過ぎ、お酒の飲み過ぎは髪の発育に欠かせないたんぱく質をはじめとする栄養補給が妨げられます。

 

また、喫煙習慣がある人もAGAを引き起こしやすくなり、血行が悪くなって髪に栄養が行き渡りにくくなり、髪の発育が阻害されてしまうのです。

 

遺伝はある程度しかたがありませんが、ほかの原因をつくることがないように注意して、AGAの発症や進行を食い止めましょう。

関連ページ

男性に多いAGA(男性性脱毛症)ってどんなもの?
AGAはエージーエーと読み、男性性脱毛症や男性型脱毛症という意味合いのある英語を略した呼び名です。薄毛の症状の一種ですが、中高年に特有のものではありません。思春期を迎えた人であれば引き起こされる可能性
AGA(男性性脱毛症)になるとどうして薄毛になるの?
AGAを引き起こすと薄毛が進行してしまうのは、ヘアサイクルが乱れてしまうためです。ヘアサイクルとは毛周期とも呼ばれ、成長期、退行期、休止期で1サイクルになっており、生えては抜けてが繰り返されています。
これ以上減らしたくないならすぐに薄毛対策をしよう
薄毛を食い止めるためにやれることはたくさんあります。遺伝もありますが、生活習慣の改善が薄毛対策として効果的です。まずは食生活の改善に取り組みましょう。栄養バランスの取れた食事を基本とし、髪の構成成分で
自分に合ったシャンプーを選ぼう
自分にとってベストなシャンプーと出会うためには、自分自身の髪質や頭皮のことをよく知る必要があります。頭皮の皮脂分泌量が多くベタベタしやすい人は比較的洗浄力の強いシャンプーを選び、反対に乾燥しやすい人は